5月3日は朝9時から夕方4時まで、特訓を行ないました。
時間がたっぷりありますので、普段できないことにじっくり取り組めます。

まずは座学から。
齋藤先生がプリントを配布し、
「大会に選手として参加してどうしたいのか?」
「大人になったらどんな剣士になりたいのか?」
を一人一人確認していきます。
また、そのために今日の稽古にどのように取り組むのか、明日からどのように過ごすのかを
一緒に考えます。

竹刀を操るための心作り

竹刀を操るための心作り

お昼休みはみんなでお弁当を食べ、午後はみっちり3時間、道具を着装して
稽古をしました。
普段とは違い、仕掛け技、応じ技を多めに、試合を意識した稽古となりました。
6月の大会に向けて、各自の目標を大切に稽古に励んできましょう。